印刷可能なデータ

印刷可能なデータの定義は、そのまま印刷の版下として使えるデータのことをいいます。

以下の項目が守られていること

  1. 原寸+3mmで作成(でき上がり寸法+切たし3mm)
  2. 使用ソフトのバージョンが同じかそれ以下にする
  3. 使用フォントを揃える(アウトラインをとる)
  4. CMYKにて作成(Word・ExcelはRGBのため印刷色が変わる)
  5. 著作権に違反していない

が前提となります。 

 (詳細はそれぞれのタグへ)